最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

教育

2005/05/06

スクールウォーズ

昨日、TV「アンビリバボー」で広島の安西高校の実録「スクールウォーズ」として、山廣康子教頭先生自ら校内のゴミを拾ったり素手でトイレ掃除されたりしている姿を見て、生徒達も一人、二人と協力するようになって学校の雰囲気も明るくなり、次に校庭の草取りもして7年ぶりに運動会も行われ、非行のレッテルも消え、素直な生徒たちとなって卒業していく様子をふと、私の母校、西山中学校の20年前の事と重ねて見ていた。

1980年代の西山中学校

‘9711/15発行の西山中学校創立50周年記念誌「せいざん」に高木寛氏が寄稿されたものより抜粋して載せます。

        [高木寛氏は2000年10月13日ご逝去(72歳)]

1985年4月から1987年3月まで2年間PTA会長を仰せつかりましたが、今にして思うと学校にとって極めて重大な時期だったように思います。それに先立つ数年前から全国的に中学校は混乱期に入っていました。西山中学校も例外ではなかったようです。これを収拾する為に秋森校長、松浦教頭先生が赴任してこられ、名校長のもと全先生方は、まず指導に一貫性を持たせる事で生徒の信頼を取り戻そうとされました。授業や朝夕の会の報告、連絡を密にして、その成果は年度別に「研究収録」の分厚い報告書になっています。次に汚れた環境の中では生徒の心もすさむばかりと、校長自ら荒れてしまった廊下や破れた壁や落書きされた机など修理し、便所の吸がらを拾って回るなど全校で環境美化に取り組まれした。その結果、校風も刷新された中に子供を西山に入れたことを喜んでいました。そんな時に突然「いじめ」事件が起こり、新聞、テレビで一斉に報道され、折角手の入れた誇りを失い生徒も保護者も絶望の淵に立たされてしまいました。PTAとして早速、臨時総会を開きました。その前に問題を起こした生徒のお母さんが校長先生に「皆さんの前で土下座して謝らせて下さい。」と申し出られましたが、「今一番心配なさっておられるのは貴方たちです。どうか後ろの席で見守って下さい。」と慰められました。「こんなお母さんがおられる限りこの学校は立ち上がれます」と高木PTA会長に言われました。会員で会場は一杯になり、活発な意見が交換され、今回の問題で学校を非難する意見はまったくなく、我々の子供が起こした問題の責任はPTA側にあり、家庭教育を徹底することが重要であるという結論に達しました。そして「学校教育を吸収できる人格を家庭教育の中で育てよう」という決議を力強く宣言し、この決議文を市の教育委員会の永井指導課長に提出したところ涙を流して感激されました。このようにして危機を脱しで再出発したのですが、マスコミから傷つけられた生徒達の心を癒す事は容易なことではなく、数年かけて育てられた西山中の誇りを取り戻すことは極めて困難なことでした。

アンネのバラよ何時までも

アンネのバラ」とは

戦後、ただ一人生き残った父親オットー・フランク氏はオランダのアンネの隠れ家を訪れ、荒れ果てた裏庭にアンネが好きだったバラの花を見つけて「アンネが生き返った」と喜びました。これを聞いて隣国のベルギーの有名な育種家デルフォルゲ氏がやって来てこのバラの種を貰い交配を重ねて「アンネのバラ」と命名して父親オットー氏に捧げました。それ以来「アンネの日記」と共に平和のシンボルとして知られている。

アンネのバラ」相原バラ園へ

1975年東京都杉並区立高井戸中学校の小林桂三郎先生が「アンネの日記」を授業の一環として生徒達に感想文を書かせ、文集「暗い炎の後に」を刊行されました。その文集に喜んだオットー氏は御礼として3本のアンネのバラを高井戸中学校に贈られました。たまたま愛媛県松山市でバラ園を経営されていた相原嘉寿雄氏の甥が同中学校の生徒だった関係でアンネのバラと会うために上京し感激の初対面をされ、小林先生からその枝を頂かれ、松山市に持ち帰り、バラ園で接木をして我が子のように育てておられます。

西山にアンネのバラよ何時までも

秋森校長先生が「生徒の心に再び誇りを取り戻すために、学校とPTAが一緒になって取り組みたい」と提案されました。当時、熊本バラ会会長をされていた高木寛PTA会長は数日考えたすえ、「バラを植えて和気藹々の教育環境を作っては」と思いつき、相原バラ園にアンネのバラがあるという情報が入っており、この名花で「誇り」をと思い、その苗を門外不出で育てておられる愛媛バラ会相原嘉寿雄会長に特別に頼み込んだところ、西山中の生徒が「アンネの心」を生かす事と「アンネのバラ」を大切に育てることを条件にご寄贈いただきました。1986年2月5日、立志式の日にこのアンネのばらを全校生徒で植えました。それから3ヶ月後に美しい花が咲き、新聞、テレビで一斉に報道されました。立志式に植えたバラが西山中学校の名と共に社会的に高い評価を受けた事に感動すると共に失っていた誇りを再び取り戻し、表情も明るく、行動も健全になりました。秋森校長のもと全先生方が結集して培った生徒達の資質が見事に開花しました。翌年、創立40周年を記念してバラアーチも完成して、バラの並木道「アンネの道」を生徒達は登下校しています。アンネのバラは「一日でも長く生き延びたい」という彼女の願いがこもっているかのように、5月から11月まで繰り返し繰り返し咲き続けます。咲き始めは朱色で、満開にはオレンジ色に輝き、最後には薄いピンク色に変色して淋しく散っていきます。生徒達がアンネのバラによって人を愛する豊かな心をつくり、アンネのバラ平和の使者として世界に広がることを願ってやみません。

[アンネのバラ園は創立50周年を記念して改修され素敵なバラの並木道「アンネの道」になっています。]

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ