最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 睦月の井芹川で | トップページ |  七十二候(しちじゅうにこう) »

2015/02/01

近づく春の足音

一月往(い)ぬ、二月逃げる、三月去る。昔の人は月の名に頭韻を踏み、冬の終わりから春先を流れる時間の速さをを言い表してきた。近づく春の足音に耳をすまし、あるいは何かと行事の多い気ぜわしさに吐息をもらし、”往ぬ”の実感は人それぞれだろう◆<時のすぎるのが早いか遅いか、それに気づくこともないような時期に、人とりわけて幸福なのである>ツルゲーネフは『父と子』に書いている。たしかに、その通りかもしれない◆・・・・・・・・・1/31 読売新聞「編集手帳」より

« 睦月の井芹川で | トップページ |  七十二候(しちじゅうにこう) »

コメント

温かな春が待たれても、あまりに早く1月が過ぎてしまうのもですね。
暫く寒い日が続きます。今日も寒いです。

肥後椿さん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
することがあるということは、いいことなのでしょう。
何もすることが無いというのは寂しいかもしれません。
でも、寒いです・・・早く暖かくなれと思います。

kazuyoさん こんばんは
ホント早いですね。きょうは節分、あすは立春に。
いよいよ明日から春になるかなぁ?
まだ、暦の中だけみたいですね。

kazuさん こんばんは
「することがあるということは、いいことなのでしょう。」
そうだと思います。
今日は節分で幼稚園や保育園では豆まきが、学校では給食に節分豆が、
家庭では太巻き寿司を恵方(西南西)に向かって食べるとか。
次は14日のバレンタインデーと和洋折衷の「食べる」行事?がありますね。
明日は立春。暦だけでなく暖かくなるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75091/61065984

この記事へのトラックバック一覧です: 近づく春の足音:

« 睦月の井芹川で | トップページ |  七十二候(しちじゅうにこう) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ