最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/29

童謡・唱歌

 「朧月夜」や「七つの子」を、外国人がゆったりと日本語で歌っている。日系米国人で世界的な指揮者ケント。ナガノさんのCD「唱歌~日本の子供の歌」を聴いて夢心地になった▼ナガノさんは、祖父が鹿央町(現山鹿市)出身。日本人の奥さんが3才の娘に歌っていた日本の歌を聴いて興味を覚えたが、当初は歌詞が分からなかった▼しかし翻訳された歌詞に魅了された。グラミー賞を受賞した作曲家にソプラノ、児童合唱、オーケストラ向けの編曲版を作成してもらい、ナガノさんが音楽監督を務めるモントリオール交響楽団と録音。今秋の日本公演でも披露した▼唱歌は明治になり、西洋音楽を取り入れるため国が作った。「朧月夜」もその一つ。大正に入ると、子供たちに芸術性の高い歌に親しんでもらおうと、「七つの子」のような童謡が作られ、北原白秋ら有名な詩人が歌詞を書いている▼CDの表題は唱歌だが、童謡も収めたのは、日本の優しい歌をジャンルにとらわれず録音したかったのであろう。「童謡・唱歌がなくなる日」(佐山哲郎著、主婦の友新書)によると、一流の詩人や作曲家が子供向けの曲を作ったという例は欧米にはないそうだ▼菜の花畑から歌詞が始まる「朧月夜」も、山のカラスの古巣が出てくる「七つの子」も都市ではなく日本の田園、つまり地方が舞台。衆院選へ走りだした政治の世界では地方再生を求める声が多い。唱歌や童謡が描く人と自然とのかかわりを大切にした再生であってくれればいいがー。11/26 熊本日日新聞[新生面]より

2014/11/22

いい夫婦の日

Dsc08381_3

 結婚生活が長くなるほど夫婦の会話時間は減り、休日に夫婦それぞれ別にことをする時間が増える。一方で「家事メン」も急増中。夫の4人に1人は休日に2時間以上、家事をするそうだ。シチズンホールディングスが実施した「夫婦の時間」調査より▼あすは「言い夫婦の日」。夫婦のありようは「十人十色」だが、いつまでも仲むつまじくいたいもの。「いい夫婦 川柳コンテスト」に寄せられた夫婦の”本音”には、そのヒントがありそうだ▼〈しりとりでやっと「け」が出てプロポーズ〉 〈新しい手帳に妻の誕生日〉 〈分娩室妻より上手いヒッヒッフー〉 〈夜泣きする子を抱く妻を抱きしめる〉  〈子に自慢ママはパパのお嫁さん>▼アツアツの新婚気分も、いつしか子育てや日々の暮らしに追われて…。 〈婚活のウソも時効になりました〉  〈10年前あなたも王子に見えたのに〉  〈母さんと呼ぶなアンタを生んでいない!〉▼ 〈花嫁の父の涙を母が拭き〉。子は巣立ち夫婦二人に。〈定年は主婦もあると妻が言い〉 〈喧嘩したそれでも風呂は沸いている〉 〈てのひらに亭主を乗せて「はい」と言い〉 ▼いろいろありましょうが、 〈ぶつかって回り続ける夫婦独楽〉 〈大丈夫賞味切れても熟成期〉。 〈共白髪これが二人のマニフェスト〉 〈時々は夫婦同士でおもてなし〉を忘れず、 〈次の世もきっと私を見つけてね〉と言えれば、人もうらやむいい夫婦。 11/21 西日本新聞(春秋)より

2014/11/11

ミラクルムーン

 

Pb050289 11月5日は旧閏9月13日で「後の十三夜」が1843年以来、    実に171年ぶりに三度目の名月が見られました。              ミラクルムーン(のちの十三夜)を見れてよかったです。          次は2109年だそうです。今年はいろんな月を見ることができました。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ