最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/23

晩夏から初秋へ

ゆく夏、朝な夕なに美しい顔を眺めると心が安らぐ。いえ艶っぽい話ではありません。朝顔と夕顔を育てたら、いまを盛りと花を咲かせている。朝の凛に夜の幽と言うべきか。一朝一夜のはかなさに、花がまとう空気も引き締まる▼朝顔は藍色、夕顔はむろん白である。朝顔は夕べを待たずにしおれ、夕顔は朝の光の中でしぼんでいる。ニ交代勤務と言えばむ無粋になる。絶頂に凋落(ちょうらく)が潜む無情。そのたたずまいが、なかなかいい。▼双方を詠んだ句が蕪村にある。〈朝がほや一輪深き淵の色〉。この絶品の前では、数多(あまた)の朝顔の句は影が薄いという人もいる。〈ゆうがほや竹焼く寺のうすけぶり〉は、どこか楚々とした野趣が漂ってくる▼二つの花は似ているが違い、朝顔はヒルガオ科に、夕顔はウリ科に属する。俳句でも、夕顔は夏の季語だが、朝顔は真夏の花のようで秋の季語になる。昔の朝顔は今の桔梗を言ったらしい。それが遠因ともいうが、思えば涼しげな咲き姿は、秋のさきがけにふさわしくもある▼拙宅の花に戻れば、開花の観察をまだ果たせてないでいる。かって落合恵子さんが小紙で 「夕顔の時間」 と題して書いていた。 「花のなんと深い白さだろう」と愛でながら、どうやってほころぶのか、その時に立ち会いたいと。この夏の、わが宿題でもある▼きのうは各地で、土砂降りの雨が、猛暑でほてった空気を手荒に冷ましていった。晩夏から初秋へ。少しけだるい季節には、朝な夕なの凛と幽に知らず励まされる。 8/20付 朝日新聞〔天声人語]より

2011/08/21

残暑お見舞い申し上げます

Zanshomimai

も~こんな時期がことしも明日で終わろうとしています。        遅くなりましたが読んで(見て)いただけましたら幸いです。

2011summer           H23sizen

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ