最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 大震災被災に関する記事?2より | トップページ | 金子みすず詩集より「このみち」 »

2011/03/28

「津波てんでんこ」

高さ23・6㍍といえば、6~7階建てのビルぐらいか。東日本大震災で岩手県大船渡市を襲った津波である。2㍍で木造家屋を破壊、鉄筋コンクリートのビルでも耐えられるのは4㍍までだ。あれから2週間、解明が進む津波の正体に驚かされる▼「射流(しゃりゅう)」が起きていたことも東京大地震研究所の分析で分かった。大津波は陸の近くで前面が〝水の壁〟となるが、その壁が崩れ、薄い水の層となって押し寄せる特殊な津波だ。「非常に凶暴で秒速7~10㍍の高速で進んで家をなぎ倒す。膝下の水位でも人がさらわれる」と都司嘉宣(つじよしのぶ)准教授は警告する▼すさまじい破壊力とスピードを兼ね備えた"怪物〟。家族が目の前でさらわれた被災者も少なくない。地獄絵のような光景が目に浮かぶ。自然とは、かくも恐ろしいものか▼三陸地方に「津波てんでんこ」という言葉がある。「てんでんこ」とは「てんでんばらばらに」の意味。共倒れにならないよう人を助けようとせず、なりふり構わず逃げろ、という教訓だ。広めたのは大船渡市の津波災害史研究者、山下文男さん(87)▼隣接する陸前高田市での検視の結果、死因の大半は溺死だと分かった。孫の写真や大切な人からの手紙…。非難の際に持ち出したと思われる品々が遺体とともに見つかった。避難所の寒さに備えたのか、上着を7枚、重ね着した年配女性の遺体も。一瞬が生死を分けた▼家族の愛もろとも奪い尽くす津波が、何とも恨めしい。津波てんでこ。悲しい言葉だけれど。かみしめるしかない。    3/26 熊本日日新聞(新生面)より

« 大震災被災に関する記事?2より | トップページ | 金子みすず詩集より「このみち」 »

コメント

流れ水は流速が早いと自由に歩くことも難しいです。あの津波の威力は破壊の後を見たら、いかに強かったかです。
今も生き地獄のうちで暮らされてる方もいらっしゃるでしょう。
出来るだけ早く家が見つかって普通の生活に戻って戴きたいと願います。
何よりも原発に収まってもらいたい、余震も止んで欲しいと願います。

kazuyoさん こんばんは
ホント津波って怖いですね。それよりも原発に早く収まってもらいたいですね。現場で不眠不休で放射能汚染の中で作業されてもおられる方たちにも普通の生活に戻られることを祈る毎日です。
ところで「津軽てんでんこ」を広められた山下文男さん先日、テレビのインタビューで当時、入院されていた病院の「4階まで津波の水が押し寄せてきたので必死に窓際のカーテンにつかまって難を逃れた」と話されていました。

肥後椿さん (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
妻の従妹にあたる2家族が被害にあいました。
先日、宮城まで出かけた妻の話によれば、現状はテレビで見るような生易しい状況ではなく、悲惨としか言いようがないそうです。
普通は周りを見回せばカラフルな色が溢れていますが、見るものすべて茶色しかないそうです。
早い復興を願うことしかできませんが、できる限りの節約に努めたいと思います。

kazuさん こんばんは
親戚や身内に被災あわれた現状を実際、見られたらそうでしょうね。言葉にできないでしょう。テレビを見ていても涙が出てきます。
節約することでも復興の手助けになると思う日々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75091/51242564

この記事へのトラックバック一覧です: 「津波てんでんこ」:

« 大震災被災に関する記事?2より | トップページ | 金子みすず詩集より「このみち」 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ