最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/15

平成23年辛卯年

古来より兎(うさぎ)は月の精として親しまれ、不老不死、豊穣など慶事の瑞兆(非常に良いことのある兆し)としてもたたえられてきました。また、「白兎は寿千年 大者の風格あり」といわれており、その跳躍力から飛躍をイメージすることもあります。そんな、明るい兆しを感じさせる「卯年」でありますように。

Jp11p_et_0050_s Siro_usagi4 S_iu_wa_usagi_2_2 S_iu_wa_usagi_1_4

新春卯年クイズにチャレンジしてみませんか? 答えは下の

「q-2011-usagidosi.doc」をダウンロードイラストをクリックして

↓前ブログ↓に、2.の答えがあります。 Deleteキーを押す

守株待兎(しゅしゅたいと)

(待ちぼうけ 待ちぼうけ ある日せっせこ 野良かせぎ)。北原白秋の「待ちぼうけ」。(そこへ兎が飛んで出て ころりころげた木のねっこ)▼宗の国の農夫が野良仕事をしていると・・・で始まる中国の寓話がもとになっている。走り出てきたウサギが木の切り株に足をとられて動けなくなり、農夫は労せずして獲物を手に入れた▼童謡「待ちぼうけ」2番以下も寓話に沿って続く。味をしめた農夫は鋤を放り出し、待てばウサギがまたきっとやってくるだろうと来る日も来る日も木の切り株を見守った。2兎目を手にすることはなかった。▼中国・戦国時代の「韓非子」に出てくる。「守株待兎」(株を守りて兎を待つ)という熟語を生んだ。「十二支の四字熟語」(諏訪原研著、大修館書店、2005年)から拾って紹介している▼偶然の幸運に味をしめての「もう一度」を、日本では柳の下にいつもドジョウはおらぬのことわざで戒めた。「守株待兎」を「守株」の二字熟語で語ることもある中国では、政治にからめて語られてきた▼「韓非子」ではこの寓話の後で古い政治手法が批判されているという。農夫は為政者、ウサギは人民、切り株は制度・法律を「それぞれ例えていると考えれば分かりやすい」と諏訪原さん。獲物うんぬんは別にして、切り株につまずいて助けを待つウサギが、日本には平成の世にもいるような気がしてくる。    1/9 西日本新聞(春秋)より

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ