最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

4月の・・・・・

せんば郵太くん  乙女椿  朱月の鉢では   庭では

104173b 1047otomeTumekusa  Suzumenoendou 104karasunoe

2010/04/23

たけのこ梅雨

20日は二十四節気の「穀雨」でした。春雨が植物を潤し、穀物などは芽を出させるころ。今週は暦通りの雨が降っている。今はちょうどタケノコの季節。この時季のぐずついた天気を表す「たけのこ梅雨」という言葉もある。「雨後のタケノコ」の言葉通り、タケノコをすくすくと成長させる雨だ。・・・・・4/20 熊本日日新聞夕刊(あすの天気)より

今春は夏日があったり、阿蘇山上では四月の雪が降ったり、春の嵐があったりと寒暖の変化の激しい時季をがんばったピンクのチューリップをアップします。

47a 48 411252 415asoyuki 418b 422b

2010/04/15

春北風

春になって吹く冷たい北風を「春北風」と書いて、「はるきた」あるいは「はるならい」と読む言葉がある。春北風は北からの寒気を運んで来るため、寒の戻りをもたらす。この春は春北風が吹くことが大変多い。今週もこれからあさってにかけて春北風が吹き、気温ががくんと低くなる。気温変化が激しいので、体調を崩さないよう十分注意を。4/13 熊本日日新聞夕刊(あすの天気)より

2010/04/03

春疾風

春の強風を表す言葉に「春疾風」(はるはやて)」がある。疾風は急に吹き起こる風のこと。春は寒冷前線が通過することが多い。寒冷前線の通過前には強い南風、通過後には強い北風が吹き、突風を伴うこともある。このために「春疾風」という言葉が生まれた。春は強風や、それに伴う高波で被害が出ることもある。特に今春は強風の吹くことが多くなっている。春疾風には注意を。4/2熊本日日新聞夕刊(あすの天気)より

そんな一週間が過ぎ、4月になって黄色のチューリップが小さいながら咲き始めました。最初咲いていた赤いチューリップは春疾風にやられちゃったが紫のチューリップはまだ、がんばって咲いています。195 197

お花見日和

26日に熊本市のソメイヨシノが満開になり、平年より7日早く、昨年より2日遅い。16日の開花から満開まで10日かかった。平年では9日なので、ことしは若干長め。しばしば訪れる寒の戻りが影響したようだ。(3/27熊本日日新聞夕刊より)

28日は気温も少し上昇し、お花見日和となった。(朝7.5℃・昼15.8℃)昼過ぎ、県立美術館と(細川コレクション)の永青文庫展示室見学して二の丸公園を通り熊本城へそして本丸御殿を見学した。 10328yasou 084 085 089 090 092 10228kumamotojho

花冷え

26日は気温がたいへん低く、花冷えの一日だった。ちなみに朝が4.5℃で、昼が10.8℃だった。27日は平地でも氷点下の朝。寒の戻りに満開のサクラも身震いか。そんな中、花見をしている人もいたそうな。(-0.3℃と15.1℃だった)

桜雨

23日は県内の多くの小学校で終了式があり、24日は雨の卒業式だった。桜の咲くころの雨には「桜雨」の名がある。桜の季節は低気圧や前線が日本列島を通ることが多く、雨に突風を伴う「花嵐」となる事もある。3/24熊本日日新聞夕刊(あすの天気)より

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ