最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

セリの花

春の七草で知られるセリは夏に白い花の冠をつける。泥の中のわずかな根からも芽吹き、冠を競り合うように茎を伸ばす。名前の由来というhttp://homepage3.nifty.com/shiro/seri.html◆その花もそろそろ見納めのころを迎え、夏も終わりが近い。北京五輪も幕を閉じた。テレビ桟敷を離れ、ゆく夏の寂しさを感じる人も多かろう◆・・・・・・・・・◆磨き上げた技のぶつかり合いに、重苦しさ、息苦しさをしばし忘れることができたのは救いである。多くの選手は4年後に向けて再び泥にまみれる練習漬けの日々に戻る。しっかり根を張り、ロンドンでも可憐な花を見せてほしい◆メダルの色や数にこだわる気はないが、日本の9個の金のうち7個がアテネからの連覇というのが、やや気がかりでもある。世代交代への種まきも欠かせない。根から力強く芽吹くセリも、種から育てるのは至難の業という。 8/25読売新聞(編集手帳)より

「ゲリラ豪雨」

天空の高みを海原にたとえることは、かつては詩人の一手専売であったろう。万葉集巻七には柿本人麻呂の<天の海に雲の波立ち月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ>という歌も見える◆今はどうやら誰もが空のなかに海を意識し、海上にあって抱く水への畏怖と警戒を天上にも怠れぬ時代であるらしい。集中豪雨が突然、狭い範囲で短時間に起こる「ゲリラ豪雨」という言葉を新聞で見かけぬ日はない◆海と空は天然の蒸留装置といわれる。海面の温度が上昇すれば海水の蒸発する量は増え、その分、大気中の水蒸気が強い雨となって降りやすくなる理屈で、地球の温暖化をゲリラ豪雨の一因とみる専門家もいる◆きのうの朝にかけて東海や関東、中国地方の各地を、「空の水門」が開いたかのような豪雨が襲い、河川の氾濫で多数の家屋が浸水する大きな被害が出た。愛知では亡くなった方もいる◆的確な情報と、絶えざる警戒と、機敏な行動と、対ゲリラ戦の要諦はその三つであるというゲリラ豪雨の備えも同じだろう。きょうも一部の地域で激しい雨が予想されている。海のような空に、用心が怠れない。 8/30読売新聞(編集手帳)より

2008/08/23

処暑

集中砲火を浴びるかのような・・・。雷雨の一夜が明け、今日は処暑。このまま涼しくなるの?  8/23 熊日新聞夕刊(黙鼓子)より

きょうは二十四節気の一つ「処暑」。「処」の字はとどまるという意味があり、「処暑」は暑さがおさまるころを表す。今週は涼しい空気が流れ込んできたため、朝晩しのぎやすい日が現れ始めた。また、日中もひところの厳しい暑さに比べると過ごしやすくなった。今後もまだ暑さがぶり返すことはあり、本格的な秋へ一直線とはいかないが、朝晩涼しい日が徐々にふえていきそう。                                  8/23熊日新聞夕刊(明日の天気)より

2008/08/17

夏草や虫どもが夢のあと?

きのう主人は朝早く一匹の蚊に付きまとわれ、そのまま起きて庭の草刈りをしました。(朝飯前)そのあと難を逃れたカマキリが自転車 かごカバーで遊んでいました?088161_2 088166

そこで、夏草や家の周りで遊んでいた虫たちを一挙公開します。

6303 0806171 08702 08731 087313 0806173 0806179 088082 088101 088105 088106 Nanimusi713 08aobattaIseijin Semi

2008/08/13

盆踊りする異星人?

先日、庭にいた虫が人の顔みたいに見えたので遊んでみました。

後日その虫をアップします。

     Dancing_2

2008/08/05

幻の50万円

先月、スーパーで286円の買物をして、レジで最初に五百円玉を支払い、財布に1円玉が残っていたのでそれもプラスしたら、レジスターがエラーになって、何度か打たれていたらレシートが出てきて215円のおつりをもらって、よくよくレシートを見たらなんと50万円も多く記されていました。「本物の50万円を見てみたっかたなあ」と思いながら帰りました。

「記念?のレシート」

Receipt  

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ