最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 楽器の日 | トップページ | 梅雨入り »

2005/06/10

少女Mは見た! 「もう6時」事件!

1960年代、熊本市内の、とある店先で若い店員が時計を見ながら「もう、6時かぁ!」と呟いた。それを聞いた老店員はカンカンになって、「俺は耄碌(もうろく)爺じゃな~い」と言って、傍らにあった竹箒(たかぼうき)を持って「コノヤロー待て~」と追っかけてたが、箒を引きずりながら「あの野郎逃げ足の速い奴だ」と言いながら店へ帰って行った。次の日、何事もなかったように、店先に何時も通りの二人の姿を目にした。という光景を30度を越す暑い日の6時頃になると、なぜか思い出す「時の記念日」である。

« 楽器の日 | トップページ | 梅雨入り »

コメント

ミセス肥後椿さん おはようございます!
お若いあなたは凄い記憶力の持ち主なんですね。
感心しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75091/4500851

この記事へのトラックバック一覧です: 少女Mは見た! 「もう6時」事件!:

« 楽器の日 | トップページ | 梅雨入り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ