最近のトラックバック

お気に入り

マイバナー


  • Mybana

« 端午の節句に解く問題 | トップページ | アンネのバラよ何時までも »

2005/05/06

西山にアンネのバラよ何時までも

秋森校長先生が「生徒の心に再び誇りを取り戻すために、学校とPTAが一緒になって取り組みたい」と提案されました。当時、熊本バラ会会長をされていた高木寛PTA会長は数日考えたすえ、「バラを植えて和気藹々の教育環境を作っては」と思いつき、相原バラ園にアンネのバラがあるという情報が入っており、この名花で「誇り」をと思い、その苗を門外不出で育てておられる愛媛バラ会相原嘉寿雄会長に特別に頼み込んだところ、西山中の生徒が「アンネの心」を生かす事と「アンネのバラ」を大切に育てることを条件にご寄贈いただきました。1986年2月5日、立志式の日にこのアンネのばらを全校生徒で植えました。それから3ヶ月後に美しい花が咲き、新聞、テレビで一斉に報道されました。立志式に植えたバラが西山中学校の名と共に社会的に高い評価を受けた事に感動すると共に失っていた誇りを再び取り戻し、表情も明るく、行動も健全になりました。秋森校長のもと全先生方が結集して培った生徒達の資質が見事に開花しました。翌年、創立40周年を記念してバラアーチも完成して、バラの並木道「アンネの道」を生徒達は登下校しています。アンネのバラは「一日でも長く生き延びたい」という彼女の願いがこもっているかのように、5月から11月まで繰り返し繰り返し咲き続けます。咲き始めは朱色で、満開にはオレンジ色に輝き、最後には薄いピンク色に変色して淋しく散っていきます。生徒達がアンネのバラによって人を愛する豊かな心をつくり、アンネのバラ平和の使者として世界に広がることを願ってやみません。

[アンネのバラ園は創立50周年を記念して改修され素敵なバラの並木道「アンネの道」になっています。]

« 端午の節句に解く問題 | トップページ | アンネのバラよ何時までも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75091/4015049

この記事へのトラックバック一覧です: 西山にアンネのバラよ何時までも:

« 端午の節句に解く問題 | トップページ | アンネのバラよ何時までも »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ